サラリー ローンの特徴

スポンサードリンク



サラリー ローンの特徴

サラリー ローンの特徴


サラリーローンは、いわゆるサラ金、消費者金融のことですね。

広義ではサラリーローンは、銀行などが行っている住宅資金融資なども含み、一般的にはノンバンクによる消費者への小口の無担保融資をサラリーローンと言うことが多いです。

サラリーローンを申し込む時に必要なものは、免許書や保険証などの身分を証明するものです。
また、サラリーローンの貸し出し可能金額は、大体300万円程度までが多いですが、中には1000万円まで融資するという消費者金融などもあるようです。
そんなに借りて大丈夫って感じですが...。
サラリーローンは銀行よりも金利が高めなのも特徴です。
まあ無担保で借りられるのですから当たり前というば当たり前なんですが。

出資法で金利上限が29.2%となっているため、サラリーローンの金利は、それを超えることはないです。
ただし、利息制限法での規定を超えていることは多いようです。
利息制限法は違反しても罰則規定がないようです。
利息限定法では「元本が10万円未満では年利20%、元本10〜100万円未満では年利18%、それ以上は年15%」という規定が決められています。

よくメディアで取り上げられたりしますが、無登録で貸金業を営んでいる業者や違法な高金利で貸し付けをしている業者もあるようです。
いわゆる「ヤミ金融業者」ですね。

ヤミ金からはお金を借りることはお勧めできません。
もし闇金からお金を借りしてしまった時には、警察や弁護士などに相談することを強くお勧めします。


サラリー ローンの特徴

posted by ローン申込 at 20:22 | サラリーローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。