ローン申込情報

スポンサードリンク



不動産担保ローンの特徴

不動産担保ローンの特徴


不動産担保ローンの特徴として、審査が迅速で短期間に融資されるケースが多いことが挙げられますね。
借り入れる人の所有する家屋や土地などの不動産を担保にするローンであることが理由です。

例えば、銀行から事業資金の融資を受ける際、審査に時間がかかっている場合などに、事業主が自宅を担保として不動産担保ローンを利用して、銀行からの融資のつなぎに利用したり、当座の運転資金を借り入れたりすることも可能です。

しかし、不動産担保ローンはと言ってもある程度の返済能力がないと借入れできません。
たとえ不動産を担保とするといっても返済出来なければ元も子もないですからね。

ローン会社にもよりますので、不動産担保ローンの金利や最高限度額はよく調査してから融資を受けるようにしましょう。
金利の一般的な相場は、約7%〜15%ぐらいでしょう。
不動産を担保にするので長期返済もできますが、長期にすればするほど支払う利息は高くなるのは仕方ありませんね。返済期間は金利と返済能力のバランスをよく考えて決めた方がよいです。

不動産担保ローンでは、当然抵当権がつき返済できなくなったら、担保の不動産は取り上げられます。
利点もありますが他のローン方法も色々調べてみてください。
また、向こう見ずな高額の融資を受けるのはやめた方がいいですね。


不動産担保ローンの特徴

posted by ローン申込 at 19:23 | 不動産ローン

不動産担保ローンについて

不動産担保ローンについて


ローンの種類には、借り入れる目的のあるローンと目的のないフリーローン、それから担保の必要がないローンと担保の設定が必要なローンとがあります。
特定目的のローンとフリーローンを比べると、特定目的のローンの方が審査が厳しいかわりにフリーローンより金利が低く、無担保ローンと有担保ローンでは、無担保ローンより有担保ローンの方が金利が低くなっています。

不動産担保ローンというのは、名前の通り不動産を担保にして借り入れをすることです。
担保になる条件があって、不動産担保ローンの担保となる不動産は、借入する人または保証人が所有権を持つ不動産でなければなりません。

ローンの種類で分けると、不動産担保ローンは、フリーローンでかつ有担保ローンとなりますから、審査が速く借り入れることが出来、有担保であるため金利も低く設定されます。
そして、無担保ローンでは無理な長期返済(20〜30年)や数百万円〜数千万円の借入れもできることもあります。
それはもちろん担保となる不動産の価値にも依存します。

また担保となる不動産に抵当権がつくことになります。(不動産担保ローンの場合)


不動産担保ローンについて

posted by ローン申込 at 04:22 | 不動産ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。